2022 秋 - 県・地区・神宮 - 観戦記

2022秋季千葉県大会準決勝 専修大松戸 vs 市立船橋 -2022.10.01-

投稿日:2022年10月1日 更新日:

 

2022秋季千葉県大会 専大松戸vs市立船橋

2022年秋季大会、千葉県の試合は最初の観戦、準決勝です。

千葉県はコロナ禍での高校野球観戦は前売り券によるチケット販売になっています。秋季大会はずっと土日が台風に見舞われ、この10月最初の土曜日は快晴、素晴らしい天気になりました。
実際はジリジリと肌を焼くような太陽で、30℃を超える真夏日になりました。

ということで、千葉の高校野球ファンが集まり、開場前の行列は左翼スタンドの外野ポールを越えた裏まで並びました(8:30くらい)。今日の第1試合、専修大松戸対市立船橋のため、皆さん緑色のTシャツ、帽子、タオルでのの応援、同一色のグリーン対決になってました。第2試合の拓大紅陵応戦ファンは深紅色ですね。
千葉県公立校・強豪校の習志野、銚子商に並ぶ市立船橋、やはり地元の根強いファンが多いように感じます。

千葉県秋季大会の準決勝のカードは以下のとおり。

第1試合 専修大松戸 vs 市立船橋
第2試合 成田 vs 拓殖大紅陵

今年は久しぶりに夏の選手権、千葉県大会を制覇した市立船橋、新しいチームになってもしっかりとベスト4に勝ち上がりを見せて勢いを感じます。一方の専修大松戸は、千葉経済大付属、木更津総合を退けてのベスト4で、当然ながら好試合が期待できます。

千葉市天台にある千葉県総合スポーツセンター野球場、改修工事が終わり綺麗になりましたが、少し独特な観客席です。バックネット裏はTVカメラ、障害者観戦用のエリアが設けられ、最前列も少し高めのスタンドからの眺めになります。

千葉県天台野球場

スポンサーリンク

専修大松戸 1-8 市立船橋 市立船橋が終盤同点として粘るも 専大松戸が延長11回勝ち越し

◆令和4年度秋季千葉県大会.準決勝

2022年10月1日(土)

TEAM 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 H E
専修大松戸 0 2 0 2 0 0 0 0 0 0 1 5 11 2
市立船橋 0 1 0 0 0 0 0 3 0 0 0 4 9 2

(試合時間3:26 開始10:05、終了13:11 千葉県野球場第1試合)

【専】平野-吉田
【船】稗田、工藤-上林

▽本塁打 上迫田(専)
▽三塁打 工藤(船)
▽二塁打 吉田、金子(船)

2022秋季千葉県大会 専修大松戸vs市立船橋

◇戦評

専修大松戸打線が市立船橋の先発.稗田真都投手(2年)を打ち崩して5回までに4-1とリードするも、2番手の工藤将祐投手から追加点が取れず苦しんでいるうちに、8回裏、市立船橋の3安打と2四球、相手の失策が絡む打者一巡で一気に追いつき、振り出しに戻して延長戦に突入する試合となりました。

千葉県天台野球場の電光掲示板には初回、守備布陣がアナウンスと共に紹介されます。

専大松戸の2回は2四球の後、8番.広川陽大君(2年)の右翼前安打のタイムリー、9番.宮尾日向君(2年)のスクイズで2点先制。
さらに4回は先頭打者の7番.上迫田優介君(2年)の右翼越え本塁打で追加点を奪い、8番.広川君が相手エラーで出塁、9番.宮尾君が犠牲バント、2アウト後、2番清水友惺君(1年)の右翼前安打で4点目。

専大松戸は相手の失策絡みでそつなく得点する見事な攻撃でした。

試合の流れが変わってきたのは、残暑の暑さが原因だったかもしれません。

それは7回裏が始まる際の守備、専大松戸の先発.平野大地投手(2年)の治療による中断から始まりました。熱中症により手足をつる症状を出す選手が出てきた後半でしたので、たぶん同じ治療だったのではと思います。

8回表は守る市立船橋の選手が治療の中断が入り、8回裏は専大松戸の2選手が治療で中断する、試合時間がどんどん伸びてますます選手たちにとってはきつい試合になったかもしれません。

そのような状況下で8回の市立船橋の攻撃は2アウト満塁、ここで6番には代打の江川煌人君(1年)の打席、遊ゴロとなりますが専大松戸の中山凱君(1年)が痛恨のエラー、3塁・2塁走者まで生還して2得点、続く7番.上林武蔵君(1年)が右翼前安打でついに同点、打線が一巡する市船の攻撃となりました。

観戦するスタンドの皆さんもこの暑さと、試合時間の長さでだいぶ参ってきました。。。延長戦です。

試合の流れは既に市立船橋、裏の攻撃でさらに優勢です。

10回裏、8回に続いて6番.江川君、7番.上林君の連続安打で2アウト1・2塁と攻めますが、あと1本が出ず無得点。専修大松戸.平野投手が150球を超えましたが、1ボール2ストライクから外角ギリギリの気迫のストレートで見逃し三振に見事切り抜けます。

11回専大松戸の攻撃は、4回同様に8番.広川君の左翼前安打で出塁、9番.宮尾君が犠牲バント(この試合、3つ目の犠打)で1アウト2塁として、上位打線に回す攻撃。2アウト後、最後は3番.中山君が8回のエラーを帳消しにする左翼前タイムリーでついに追加点を加えて5-4と再度リードを奪いました。

その裏の市立船橋は先頭打者、2番手投手で専大松戸打線を抑えてきた工藤投手の打席、2ボール阿ストライクで、ライト線への飛球になり専松.右翼手が飛び込むが及ばず、工藤君は一気に三塁まで到達する、ノーアウト3塁の状況を作り出します。

上位打線に回った市立船橋は、スクイズや犠牲フライも狙えたと思いますが、ここは勝負に出ます。しかし平野投手が三ゴロ、遊ゴロ、二ゴロと内野ゴロに打ち取り、11回をゼロに抑えて勝利を収めました。

専修大松戸.背番号18番の平野投手は11回、172球の力投でした。試合時間3時間26分、長い長~い試合でした。

準決勝2試合目、成田vs拓殖大紅陵も観たかったのですが、この暑さに負けて帰還しました。関東大会を楽しみにしておきます。

今年の秋季関東大会は、埼玉県での開催。10月22日(土)から23(日)、25(水)、準決勝、決勝を10月29日(土)、30日(日)で予定しています。抽選は10月11日(火)、組み合わせが決定します。

 

2022秋季千葉県大会 専修大松戸vs市立船橋

 

 スポンサーリンク

 

◇テーブルスコア

score_202210011

※スコアの付け方は自己流の部分があります。間違いもあると思いますが、ご了解下さい。

◇メンバー

《打撃》

【専修大松戸】
[5] 8 R 大森駿 6 5 0 0 0 0 0 1 2 0
[8] 9 L 清水 9 ① 3 0 1 1 1 0 1 0 0
3 R 永瀬 16 1 0 0 0 0 0 0 1 0
PH 3 L 渡邊賢 3 1 0 0 0 0 0 0 1 0
[6] R 中山 6 ① 6 0 2 1 0 0 0 0 2
[2] R 吉田 2 5 0 1 0 0 0 0 0 0
[9] R 太田 10 3 1 2 0 0 0 1 0 0
8 9 L 染谷 17 1 0 0 0 0 0 0 0 0
[1] R 平野 18 3 0 0 0 0 0 0 0 0
[7] L 上迫田 7 3 0 2 0 0 0 0 0 0
[3] 5 R 広川 15 1 0 0 0 0 1 0 0 0
[4] L 宮尾 4 1 0 0 0 0 0 0 1 0
【市立船橋】
[7] R ハレクザット 7 6 0 1 0 0 0 0 1 0
[8] R 田中 8 6 1 1 0 0 0 0 0 0
[4] L 大野 4 6 1 0 0 0 0 0 0 0
[9] L 篠崎 9 2 1 0 0 0 0 3 1 0
[3] R 金子 13 4 0 1 0 0 0 1 2 1
[5] R 吉田 3 3 1 1 0 0 0 0 1 0
5   木内 6 - - - - - - - - -
PH R 江川 17 - 0 - - - - - - -
5 R 本郷 5 1 0 1 0 0 0 0 0 0
[2] R 上林 2 5 0 3 1 1 0 0 1 0
[6] L 合津 16 3 0 0 0 0 1 1 1 1
[1] R 稗田 18 1 0 0 0 0 0 1 0 0
PR   土谷 - 0 - - - - - - -
1 R 工藤 11 3 0 1 0 0 0 0 0 0

《投手》

【専修大松戸】
R 平野 18 11 48 172 9 5 8 4 1
【市立船橋】
R 稗田 18 5 26 92 7 4 2 4 3
R 工藤 11 6 22 73 4 1 5 1 1

※最高学年以外の選手には丸数字で学年を表記

スポンサーリンク

-2022 秋 - 県・地区・神宮 -, 観戦記
-, , , ,

Copyright© ヤマらぼ , 2022 AllRights Reserved Powered by micata2.