野球スコアの読み方・書き方

野球スコアの読み書き -ルールと数字から学ぶ-

投稿日:

高校野球 スコア

 

1.投手の責任

▼自責点の原則

  • 自責点とは文字通り、投手が責任を持たなければいけない失点のこと。
    ”3アウトにできる守備機会を前に”、「安打、犠牲バント、犠牲フライ、四死球、盗塁、野選、刺殺、ボーク、暴投(三振振逃げ含む)」により「得点(失点)」した場合を自責点と呼びます。
  • ”アウトにできる守備機会”とは、「打者、走者を実際にアウトにした場合」と、「失策によりアウトにできなかった場合」のことであり、失策もアウトにできる守備機会に数えられるわけです。
  • したがって、”3アウトにできる守備機会を逸した後に”得点されても自責点にはなりません。

 

投手の責任 自責点

 

▼自責点とならないケース

  • 「失策、捕手・野手の妨害、捕逸、で得点(失点)」した場合
  • 上記のミス行為で「出塁した走者が生還」した場合

投手の責任 自責点

 

▼失策による進塁がからむケースの判断

  • 「失策がなかったら」と仮定して記録者が判断。失策がなくても得点できたと判断すれば自責点。
    得点できなかったと判断すれば、非自責点。

 

投手の責任 自責点

 

▼イニング途中で投手交代の時

  • 同じイニングで投手が交代した場合、誰に自責点がつくのかはケースによって違います。
  • 基本は、残した走者の「数」は前任投手の責任。「入れ替え」があっても同じ。
    例えば、救援投手に対した打者が内野ゴロで、残した1塁走者が二封されて打者走者が1塁に残った場合は、走者が入れ替わっただけで走者の「数」は変わっていないため、前任投手の責任範囲です。
  • 残された走者が盗塁や妨害等、打者によらないでアウトになった場合、残した走者が救援投手に対した打者と共に併殺された場合は、前任投手の責任はなくなります。
  • 前任投手の「アウトの機会」は救援投手には適用されません。
    例えば、前任投手が2失策と1アウトの場合、「3アウトの機会」はありましたが、救援投手には2失策は関係なく1アウトから始まります。
    これはチームとしての自責点は付きませんが、個人投手には自責点がつくケースになります。

投手の責任 自責点 イニング途中交代

 

投手の責任 自責点 イニング途中交代

  • 打席途中で投手交代
    投手不利のカウント(以下に示す*)で救援投手が四球を出した場合は前任投手の責任。
    それ以外のカウント(打者不利か対等なカウント)から引き継いだ場合、それ以外の結果は救援投手の責任範囲になります。
    *投手不利なカウント:0ストライク2ボール(0-2)、0-3、1-2、1-3、2-3

 

戻る 野球スコアの読み書き<目次>

スポンサーリンク

-野球スコアの読み方・書き方
-,

Copyright© ヤマらぼ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.