2016 春 - 選抜・県・関東 -

2016春季神奈川県大会準々決勝 横浜 vs 東海大相模 -2016.04.24-

投稿日:2016年4月24日 更新日:

 

春の大会、神奈川県大会準々決勝、早くも優勝候補同士、全国屈指の横浜高校と東海大相模がベスト4をかけて激突です。

残念ながら朝から小雨の降る肌寒い日曜日ですが、保土ヶ谷球場はすごい混雑です。グラウンドには土が入れられ、コンディションは良くないのですが、選手たちが熱い戦いを繰り広げてくれると思います。

 

両校ともに左右のエースがいます。横浜は右腕.藤平尚真君(3年)と左腕.石川達也君(3年)、東海大相模は右腕.北村朋也(3年)と左腕.山田啓太(3年)。どの投手も全国レベル、ある意味甲子園で見てもおかしくないカードですね。

 

横浜 5-4 東海大相模  延長戦11回.横浜が15安打で激戦を制す

平成28年度神奈川県春季大会 準々決勝

2016年4月24日(日)

TEAM 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 H E
横浜 2 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 5 15 2
東海大相模 0 0 0 2 0 0 0 2 0 0 0 4 7 0

試合時間 3時18分(保土ヶ谷球場第1試合)

【横】藤平、石川-福永

【東】山田啓、北村-今江

▽本塁打 村田(横)、山田啓(東)

▽三塁打 遠藤(横)

▽二塁打 石川、藤平(横)

◇戦評

先発は横浜.右の藤平君、東海大相模.左の山田啓君で試合開始。

横浜は初回、1番向川原君(3年)が中堅前安打で出塁、送りバントで2塁へ進塁、3番戸掘君(3年)が中堅飛で2アウトで迎えた4番村田雄大君(3年)がいきなり初球を左翼スタンドに運び2ラン・ホームランで先制。その後も5番石川君を四球、6番公家響君(3年)が左翼前安打でなおも1-2塁とするが8番藤平君を左翼ライナーに仕留めて、山田啓君が辛くも2点で抑えて逃げ切る。初回山田啓君はカーブが高めに入り、すっぽ抜けもありコントロールを欠き、横浜にストレートを狙われました。

一方、藤平君は持ち味のストレート、スライダーも切れて、東海大相模の打者も振り遅れが目立ち、初回から3回まで3者凡退で抑える好調さを見せました。

 

しかし、東海大相模は4回、横浜の守備の乱れからラッキーな2得点で同点に追いつく。

先発.山田君も2回以降、徐々に調子を上げ腕が振れてきて、5回までは無失点に抑える展開。しかし球数が5回で100球を超え、6回に3四球としたところで、右腕.北村君へ交代。北村君は6-7回と4者連続三振とします。

 

終盤8回に試合が動きました。横浜は、7番藤平君が右翼前安打で出塁するも送りバント失敗、9番代打.松井君の右翼前安打で1アウト1,3塁とします。1番向川原君に打順が回り、一塁ゴロで3塁走者福永君(2年)が本塁でタッチアウト、2アウト。これでチャンスを逃したか見えましたが、2番遠藤君(3年)が中堅右を抜く3塁打で2者生還し、4-2と試合をリード。

8回裏の東海大相模は、1番加藤君(3年)を1塁において、3番山田啓君が右翼越え2ラン・ホームランで、すぐさま横浜に追いつきました。ここで藤平君を交代させ、左腕.石川君へタッチ。
いや~、ともに好投手、好打者が揃い、すごい試合になってきました。

 

9回横浜は北村君を満塁まで攻めるも得点ならず延長戦へ。しかし、延長11回2番手投手の石川君、先発だった藤平君の2塁打がさく裂して貴重な1点をもぎ取ります。両選手とも投げても良し、打撃もいいです。

8回以降石川君は3回2/3を投げて、東海大相模打線を完璧に抑え、横浜が逃げ切り、勝利しました。

 

横浜、東海大相模の4投手を見ることが出来、そのレベルの高さ、速球、変化球のすごさを見ることが出来ました。また横浜打線は、上位下位もなくどこからでも得点できる強打者揃いでした。送りバントもゼロです。優勝候補筆頭ですね。

 

◇テーブルスコア

score_201604241

 

※スコアの付け方は自己流の部分があります。間違いもあると思いますが、ご了解下さい。

◇メンバー

《打撃》

【横浜】
[8] 6 L 向川原 8 3 2 1 0 1 1 2 1 0
[5] R 遠藤 6 3 0 1 2 0 0 2 0 0
[4] R 戸堀 14 6 0 0 0 0 0 0 2 0
[7] L 村田 7 6 1 3 2 0 0 0 3 0
[9] 8 1 R 石川 1 4 1 1 0 0 1 1 3 0
[3] R 公家 5 5 0 3 0 0 0 1 1 0
[1] 9 R 藤平 10 6 0 2 1 0 0 0 1 0
[2] R 福永 12 ② 4 0 1 0 0 0 2 0 1
[6] L 渡辺 16 ② 3 0 1 0 0 0 0 0 1
PH 9 8 L 松井 9 3 1 1 0 0 0 0 0 0

 

【東海大】
[5] R 加藤 5 5 1 2 0 0 0 0 2 0
[8] R 加賀 8 5 0 0 0 0 0 0 1 0
[1] 9 L 山田啓 10 4 1 1 0 0 0 0 0 0
[2] L 大串 2 5 1 2 0 0 0 0 0 0
[7] R 赤尾 7 4 0 1 0 0 0 1 3 0
[3] R 戸崎 3 4 0 0 0 0 0 1 0 0
[4] R 葦名秋 4 5 0 1 0 0 0 0 2 0
[9] L 横田 9 2 0 0 0 0 0 0 0 0
1 R 北村 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0
[6] L 小松 22 4 0 0 0 0 0 0 3 0

《投手》

【横浜】
R 藤平 10 8-1/3 30 120 6 2 9 4 2
L 石川 1 3-2/3 13 43 1 1 2 0 0
【東海大】
L 山田啓 10 5-2/3 29 129 7 7 5 2 2
R 北村 1 5-1/3 25 100 8 1 7 3 3

 ※最高学年以外の選手には丸数字で学年を表記

スポンサーリンク

-2016 春 - 選抜・県・関東 -
-, , ,

Copyright© ヤマらぼ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.