観戦記 2018 夏 -県・選手権-

2018夏の高校野球 北神奈川大会準決勝 桐光学園 vs 横浜商大 -2018.07.27-

投稿日:2018年7月27日 更新日:

2018秋季神奈川県大会準決勝 桐光学園 東海大相模

2018年夏の甲子園、今年は100回記念のため全国56校が参加するが、毎日次々と出場校が決まるニュースが流れます。北神奈川大会は今日が準決勝、次は第2試合『桐光学園vs横浜商大』です。

春の県大会の準決勝は以下の通りでした。
【北神奈川】準優勝:桐光学園、ベスト4:東海大相模
【南神奈川】優勝:横浜、ベスト4:鎌倉学園

スポンサーリンク

桐光学園 7-0 横浜商大 桐光学園.冨田投手が横浜商大を3安打完封、7回コールド勝ち

◆第100回全国高等学校野球選手権記念 北神奈川大会 準決勝

2018年7月27日(金)

TEAM 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
横浜商大 0 0 0 0 0 0 0 - - 0 3 1
桐光学園 0 2 2 0 0 1 1x - - 7 9 0

(試合時間1:50 開始14:50、終了16:40、横浜スタジアム第2試合)

【横】青山、堤-吉田

【桐】冨田-高橋

▽三塁打 高橋(桐)

▽二塁打 山田、田村、冨田(桐)

横浜スタジアム

◇戦評

桐光学園.冨田冬馬投手(2年)が横浜商大を3安打に抑え完封、危なげなく7回コールド勝利しました。2012年の松井祐樹投手(現楽天イーグルス)を擁して優勝以来の決勝進出を決めました。

横浜商大は青山俊介君と堤達哉君の投手リレー、「勝利の方程式」で臨んだが、桐光打線は初回と4回を除いて毎回走者を出し、攻め立て9本の長短打、7得点。

北神奈川決勝は桐光学園vs慶應義塾のカードとなりました。春の準々決勝では6-3で桐光学園が勝利しています。桐光は谷村然君の先発、冨田冬馬君への投手リレーで慶應打線を抑え、桐光打線が慶應の生井君、渡部君のを攻略に成功したゲームでした。

さて決勝は台風のため1日延伸して、以下のとおり。楽しみです。今日も夏休みで少年野球の子ども達がいっぱい来ていました。熱い応援とプレーを是非期待します。

【南神奈川】7月29日(日)横浜 vs 鎌倉学園
【北神奈川】7月30日(月)慶應義塾 vs 桐光学園

 スポンサーリンク

◇テーブルスコア

score_201807272

※スコアの付け方は自己流の部分があります。間違いもあると思いますが、ご了解下さい。

◇メンバー

《打撃》

【桐光学園】
[5] R 唐橋  14 ② 2 1 0 0 0 0 2 0 0
[6] R 楠木  6 ② 2 0 1 0 2 1 1 0 0
[3] R 山田  5 4 1 1 1 0 0 0 0 0
[7] L 鈴木  9 ② 1 0 0 0 0 1 2 0 0
[9] R 田村  19 3 2 1 0 0 0 1 0 0
[4] L 中澤  4 ② 4 1 1 0 0 0 0 0 0
[1] L 冨田  10 ② 3 0 2 2 0 0 0 1 0
PH R 鵜沢  ② 1 0 1 0 0 0 0 0 0
PR   谷 0 1 0 0 0 0 0 0 0
[8] L 渡邊  8 3 1 0 1 0 0 1 1 0
[2] R 高橋  2 ② 4 0 2 3 0 0 0 0 0
【横浜商大】
[8] R 石島  8 2 0 1 0 0 0 1 0 0
[4] R 勝良  4 ② 3 0 0 0 0 0 0 0 0
[9] R 齊藤巧 9 3 0 1 0 0 0 0 0 0
[2] R 吉田賢 2 3 0 0 0 0 0 0 0 0
[7] L 海辺  7 ② 3 0 0 0 0 0 0 1 0
[3] L 籾山  3 3 0 0 0 0 0 0 0 0
[6] R 露木  16 3 0 1 0 0 0 0 0 0
[1] R 青木  10 1 0 0 0 0 0 0 0 0
1 R 堤   1 2 0 0 0 0 0 0 2 0
[5] R 大髙  5 1 0 0 0 0 0 1 0 1

《投手》

【桐光学園】
L 冨田  10 ② 7 26 78 3 2 3 0 0
【東海大相模】
R 青山  10 4-1/3 25 102 7 4 1 5 5
R 堤   1 1-3/3 11 39 2 2 1 2 2

  ※最高学年以外の選手には丸数字で学年を表記

スポンサーリンク

-観戦記, 2018 夏 -県・選手権-
-, , ,

Copyright© ヤマらぼ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.