2017 秋 - 県・関東・神宮 -

2017秋季千葉県大会決勝 拓大紅陵 vs 中央学院 -2017.10.01-

投稿日:2017年10月1日 更新日:

 

今日は昨日に続き、秋季千葉県大会の決勝戦、拓大紅陵-中央学院戦を観戦に行きました。

準決勝では習志野、木更津総合と人気強豪校の出場とあって、内野スタンドは満席に近い状態。今日の決勝、関東大会の出場も決まり案外空いている気がしましたが、一応早めの7:30に到着。なんと、ほぼチケット売り場1番乗りに近いところで待ち。8:20チケット販売開始、開場されてバックネット裏を確保。

既に拓大紅陵はウォーミングアップしてました。観客の入りは昨日の半分程度でした、空いていました。

千葉県野球場 天台球場

 

拓大紅陵 4-3 中央学院 中央学院が序盤先行するも4回に拓大紅陵が逆転 14年ぶり優勝!

◆平成29年度第70回秋季千葉大会 準決勝

2017年10月1日(日)

TEAM 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
中央学院 0 2 1 0 0 0 0 0 0 3 5 1
拓大紅陵 0 0 0 4 0 0 0 0 4 7 1

(試合時間 1時間48分 9:58~11:48、千葉県野球場)

【紅】鈴木、佐々木-廣岡

【中】大谷-池田

▽本塁打 大谷(中)

▽三塁打 北野(紅) 宇田(中)

▽二塁打 田中、菊島(中)

2017秋季千葉県大会 決勝 拓大紅陵 中央学院

 

◇戦評

中央学院が序盤3回を終えて3点先行、リードしますが、4回に拓大紅陵が4長短打の集中打で逆転。2番手.左腕佐々木新投手(1年)が3回途中から登板して、中央学院打線を1安打に抑えて逃げ切り、14年ぶりの優勝を決めました。

拓大紅陵、優勝おめでとうございます。

 

今日の決勝は、中央学院先攻、拓大紅陵後攻で始まりました。準決勝・木更津総合戦でも拓大紅陵は後攻、サヨナラ勝ちでしたね。

先発は、拓大紅陵が右腕.鈴木貫太投手(2年、準決勝では左翼手)。中央学院は昨日に続き、右腕エース.大谷拓海投手(2年、昨日の準決勝での投球数は120球)。

 

序盤は中央学院が長打攻勢。2回1アウトから7番.菊島君(2年)が左中間を抜ける2塁打、8番.川崎君(2年)の三遊間を抜ける左翼前安打で1-3塁とします。そこで9番.手塚君(1年)が初球からスクイズバント、菊島君が生還して先制。なおも1番.宇田君(2年)が右翼越えの3塁打で2点目。

3回には昨日に続き、4番.大谷君がバックスクリーンて前に入れる大アーチ、ソロ・ホームランで追加点。投げて打って、今日も大活躍です。これで3点リード。

 

しかし4回裏、拓大紅陵の攻撃。先頭の3番.水島滉陽(2年)がスタンド直撃の右翼越え安打から始まり、5番.小俣剛志(1年)がエンドランで中翼前安打を放ち、1-3塁とします。6番.三谷太陽(2年)の三塁ゴロで3塁走者が生還して1点、なおも2アウト2塁。

7番.廣岡隆成(2年)の三塁強襲ゴロを中央学院エラーして、またもや1-3塁。8番.佐々木君が三遊間を抜けそうな遊撃ゴロ内野安打で2点目。これで面白い試合になったなと思いました。

拓大紅陵の攻撃はここで終わらず、9番.主将の北野将也(2年)が右翼越え3塁打を放ち、走者一掃の2点追加、逆転してしまった。右翼飛球と思いきや、打球が伸びました。

これが決勝点。拓大紅陵が逆転逃げ切り優勝。

 

中央学院の大谷拓海投手(2年)、3回以降少し全力投球ではなく7-8割での投球に変わった気がしました。昨日からの連投、3回までで30球、球威も衰えたかもしれませんね。しかし、今日も8回まで96球を投げ、完投。この4回だけ失点、それも失策絡みです。

大谷拓海投手は船橋リトルシニア出身、180cm/70kgと手足が長くスリム、打っても投げても良し、「二刀流」の日ハム大谷翔平を思い浮かばせます。これからも伸び盛りの魅力ある投手ですね。

佐々木投手も途中からの登板でしたが、1年生ながら力強い投球、左右のコースをついた配球、特に右打者に対する外角に逃げるシュートは効いていました。

 

関東大会は10/21から神奈川で開催されますが、両校とも頑張ってほしいです。

2017秋季千葉県大会 決勝 拓大紅陵 14年ぶり優勝

 

スポンサーリンク

 

◇テーブルスコア

score_201710011

※スコアの付け方は自己流の部分があります。間違いもあると思いますが、ご了解下さい。

◇メンバー

《打撃》

【拓大紅陵】
[4] L 原田  4 ② 4 0 1 0 0 0 0 2 0
[8] R 小林  8 ② 4 0 0 0 0 0 0 2 0
[7] 9 L 水島  9 ② 4 1 2 0 0 0 0 0 0
[1] 7 R 鈴木  7 ② 3 0 0 0 0 1 0 2 0
[3] L 小俣  3 ➀ 2 1 2 0 0 0 2 0 0
[5] R 三谷  5 ② 2 0 0 1 0 2 0 0 1
[2] R 廣岡  2 ② 3 1 0 0 0 0 0 0 0
[9] R 内藤  17 ② 1 0 0 0 0 0 0 0 0
1 L 佐々木 11 ➀ 2 1 1 1 0 0 0 1 0
[6] R 北野  6 ② 3 0 1 2 0 0 0 1 0
【中央学院】
[8] L 宇田  8 ② 4 0 1 1 0 0 0 0 0
[7] L 田中  7 ② 3 0 1 0 0 0 1 0 0
[9] R 長沼  3 ➀ 4 0 2 0 1 0 0 0 0
[1] L 大谷  1 ② 4 1 1 1 0 0 0 0 0
[2] R 池田  2 ② 3 0 1 0 0 0 1 0 0
[6] L 平野  6 ② 2 0 0 0 0 2 0 0 0
[3] R 菊島  15 ② 3 1 1 0 0 0 0 2 0
PH R 高麗  11 1 0 0 0 0 0 0 1 0
[5] R 川崎  5 ② 3 1 1 0 0 0 0 1 1
PH R 西山  14 1 0 0 0 0 0 0 0 0
[4] R 手塚  4 ➀ 3 0 0 0 0 1 0 0 0

《投手》

【拓大紅陵】
R 鈴木  7 ② 2-1/3 14 38 7 0 0 3 3
L 佐々木 11 ➀ 6-2/3 22 82 1 2 2 0 0
【中央学院】
R 大谷  1 ② 8 33 96 7 2 8 4 2

 ※最高学年以外の選手には丸数字で学年を表記

 

スポンサーリンク

-2017 秋 - 県・関東・神宮 -
-, , ,

Copyright© ヤマらぼ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.