2017 春 - 選抜・県・関東 -

2017春季関東大会 白鷗大足利 vs 霞ヶ浦 -2017.05.21-

投稿日:2017年5月21日 更新日:

 

白鷗大足利(栃木1位) 1-8 霞ヶ浦(茨城2位) 霞ヶ浦.遠藤が完投、打線も13安打、8回コールド勝ち

◆第69回春季関東地区高校野球大会2回戦

2017年5月21日(日)

TEAM 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
白鷗大足利 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5 0
霞ヶ浦 2 0 1 0 0 2 1 2x 8 13 2

(水戸市民球場第2試合)

【白】北浦、仁見-和家

【霞】遠藤-鈴木

▽本塁打 木村(霞)

▽三塁打 小儀(霞)

▽二塁打 木村2、丸山2、齋藤(霞)

 

◇戦評

霞ヶ浦打線が白鷗大足利.北浦竜次投手(3年)らを攻略して、13安打の攻撃をみせて8回コールド勝利。また、霞ヶ浦.エース遠藤淳志投手(3年)が5被安打、完投勝利。

 

 

霞ヶ浦.遠藤淳志君、白鷗大足利.北浦竜次君のドラフト候補の投げ合いとなり、期待しました。

遠藤君は185cm74kgの長身、ストレートの角度・落差、高スピンの球質、カーブやスライダーのコントールも良く、安定感のあるピッチングを見せてくれました。

一方、北浦君は左スリークォーター、独特の投げ方をする速球派。

試合は、1回霞ヶ浦.4番木村翔大君(3年)が左中間を破る適時二塁打で2点を先制、3回裏にもストレートを右翼スタンドへ運ぶソロHRを放った。木村君が牽引して、その後の霞ヶ浦打線に勢いにつけて、力量以上に白鴎大足利を圧倒する試合となりました。

 

◇テーブルスコア

score_201705212

※スコアの付け方は自己流の部分があります。間違いもあると思いますが、ご了解下さい。

◇メンバー

《打撃》

【白鴎大】
[8] L 周東 8 ② 2 0 0 0 0 0 1 0 0
1 L 仁見 10 1 0 0 0 0 0 0 0 0
[7] 8 R 中山 7 ② 4 0 1 1 0 0 0 0 0
[5] R 益子 5 3 0 0 0 0 0 1 1 0
[1] L 北浦 1 4 0 1 0 0 0 0 0 0
[7] R 秋 7 4 0 0 0 0 0 0 1 0
[3] L 秋葉 3 4 0 0 0 0 0 0 1 0
[6] L 大川 6 ② 3 1 2 0 0 0 0 0 0
[2] R 和家 12 3 0 0 0 0 0 0 0 0
[4] R 松尾 4 3 0 1 0 0 0 0 0 0
【霞ヶ浦】
[4] R 小儀 4 ② 5 1 3 2 0 0 0 1 0
[5] L 益子 5 3 1 0 0 0 0 1 0 1
5 R 横田 15 1 0 0 0 0 0 0 1 0
[1] R 遠藤 1 5 1 1 0 0 0 0 2 0
[6] R 木村 6 5 1 3 5 0 0 0 0 0
[3] L 齋藤 3 4 1 1 0 0 0 0 1 1
[7] R 丸山 12 ② 3 1 3 1 0 0 1 0 0
[2] R 鈴木 2 ② 2 0 1 0 0 1 1 0 0
[9] R 海野 18 2 0 0 0 0 0 0 0 0
PH 9 L 出頭 17 ② 1 0 0 0 0 0 0 0 0
9 L 小川 9 1 0 0 0 0 0 0 0 0
[8]  井郷 8 2 2 1 0 1 0 2 1 0

《投手》

【白鴎大】
L 北浦 1 4-0/3 20 87 5 4 3 3 3
R 仁見 10 3-2/3 20 73 8 0 2 5 5
【霞ヶ浦】
R 遠藤 1 8 33 119 5 2 3 1 1

※最高学年以外の選手には丸数字で学年を表記

スポンサーリンク

-2017 春 - 選抜・県・関東 -
-, , ,

Copyright© ヤマらぼ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.