2021春センバツ甲子園・第93回大会 コラム

2021選抜高校野球 センバツ出場校を大予想 【近畿・中国・四国・九州】編

投稿日:2021年1月1日 更新日:

センバツ 甲子園

近畿:6校

地区代表枠

近畿地区は6枠のため、ベスト4で当確、ベスト8入りで当落ライン上となります。

《近畿大会出場校》

【滋賀】①滋賀学園 ②近江
【京都】①龍谷大平安 ②乙訓 ③京都国際
【大阪】①大阪桐蔭 ②東海大大阪仰星 ③山田
【兵庫】①神戸国際大付 ②東播磨 ③長田
【奈良】①天理 ②智辯学園
【和歌山】①市立和歌山 ②和歌山東 ③智辯和歌山   ※丸数字は都道府県大会の順位です

近畿大会は、智辯学園(奈良2)の左腕.西村王雅投手、右腕.小畠一心投手の二枚看板、大会3試合で2桁安打、チーム打率3割5分3厘の打力で、9年振りに近畿地区の頂点に立ち、センバツ出場を決めましたました。

4番.山下陽輔が打率6割6分7厘、2本塁打と強力打線を引っ張る活躍を見せました。昨年の天理も県大会3位からの勝ち上がり、奈良県勢のレベルの高さを感じます。

準優勝の大阪桐蔭(大阪1)は投打のバランスが良く、大会3試合でコールド勝利。投手力は左腕.松浦慶斗や関戸康介投手、竹中勇登投手の両右腕と充実しており、攻撃力も長打力ある打線に加えて計10盗塁の機動力もみせてくれました。

ベスト4の市和歌山(和歌山1)はプロ注目でもある最速152キロの右腕.小園健太投手が防御率0.41と安定感が抜群。京都国際(京都3)は、1年生5人が先発メンバに入る若いチーム、2試合で1点差を制する粘り強さが光りました。

地区6校枠のため、ベスト4校までは文句なしのセンバツ出場当確です。

残る2枠候補となるベスト8は龍谷大平安(京都1)智弁和歌山(和歌山3)神戸国際大付(兵庫1)天理(奈良1)の顔ぶれとなりました。

兵庫県準優勝で初出場の東播磨(兵庫2)や、履正社に勝ち大阪3位で近畿大会出場を決めた話題の公立校の山田(大阪3)も初戦敗退の結果でした。

第90回選抜大会 甲子園 千葉

■近畿地区残る2枠の攻防

近畿地区センバツ校の焦点は、ベスト8校の龍谷大平安(京都1)智弁和歌山(和歌山3)神戸国際大付(兵庫1)天理(奈良1)を中心とした残り2枠の争いになります。

ベスト8以外に目を配ると、2020秋季の滋賀県大会優勝、近畿地区大会優勝の智辯学園に延長10回、8-9で惜敗した滋賀学園(滋賀1)も加えて予想していきます。滋賀県から候補校がないのも「地域性」もあり注目です。

以下5校を残り2枠を争う候補として県大会、地区大会の戦いぶりを整理していきます。
【龍谷大平安(京都1位)】
●3-8   智弁学園(奈良2、優勝) 近畿大会2回戦
○4-1 山田(大阪3)       〃  1回戦
○6-2 乙訓     京都府大会決勝
○3-1 京都国際    〃   準決勝

【智弁和歌山(和歌山3)】
●0-2   市和歌山(奈良1)    近畿大会2回戦
○8-1   東海大大阪仰星(大阪2)  〃  1回戦
○2-1 向陽    和歌山県大会3位決定戦
●4-5 市和歌山    〃   準決勝

【神戸国際大付(兵庫1)】
●5-6 京都国際(京都3)  近畿大会2回戦
○5-2   近江(滋賀2)     〃  1回戦
○2-0  東播磨      兵庫県大会決勝
○10-0 神戸村野工    〃   準決勝

【天理(奈良1)】
●4-11 大阪桐蔭(大阪2、準優勝) 近畿大会2回戦
○2-1   乙訓(京都2)         〃  1回戦
○8-2   智弁学園(奈良2、優勝)  奈良県大会決勝
○7-0 畝傍(奈良3)        〃   準決勝

【滋賀学園(滋賀1)】
●8-9   智弁学園(奈良2、優勝)  近畿大会1回戦
○5-4 近江    滋賀県大会決勝
○9-7 比叡山    〃   準決勝

上位ベスト4のセンバツ当確チームが奈良、大阪、和歌山、京都の4府県に分散され、残り2枠の争いはベスト8校進出の「戦績」に加えて「地域性」の考慮して予想します。ベスト8は京都、和歌山、兵庫、奈良の各府県に分かれています。

  • ベスト8進出 ⇒龍谷大平安、智弁和歌山、神戸国際大付、天理
  • 2回戦の戦いぶり:負け方(接戦の上惜敗、コールド負け)、優勝・準優勝校との戦い等
    ⇒龍谷大平安(優勝校と対戦)>智弁和歌山(同一県対決)、神戸国際大付、天理(準優勝校と対戦、コールド負け)
  • 県大会の戦績 ⇒龍谷大平安、天理、滋賀学園(優勝)
  • 地域のバランス:(ベスト4進出なし)兵庫、滋賀 ⇒神戸国際大付、(ベスト8進出なし)滋賀 ⇒滋賀学園(1回戦負け)

「戦績」と「地域性」では、ベスト8進出、兵庫県優勝の神戸国際大付(兵庫1)は大きなアドバンテージがあり、近畿大会の戦いぶりからも問題なく当確と予想します。

残る1枠についてベスト8の3校(龍谷大平安(京都1)、智弁和歌山(和歌山3)、天理(奈良1))の戦績と、唯一候補のない滋賀県から滋賀学園(滋賀1)を選考するかが焦点となります。

「地域性」と地区大会「戦績」のどちらを重視するか考えると、当然「戦績」の結果重視です。

滋賀学園は候補校がない「地域性」では候補になりますが、「戦績」では相手が優勝校とはいえ1回戦負けが厳しく評価せざるを得ません(残念)。

智辯和歌山(和歌山3)は全国屈指の強豪校ですが県大会3位であり、地区大会でも同じく市和歌山(和歌山1)に負けており、天理(奈良)も準優勝校の大阪桐蔭とはいえコールド負けを喫しており不利となる材料があります。

よって京都府優勝校でもあり、不利な材料のない龍谷大平安(京都)センバツ出場の最後の枠を取ると予想します。

甲子園球場 春のセンバツ甲子園

21世紀枠

近畿地区も選考基準から厳しい地域になります。2020秋季大会は大阪.山田が履正社を破り府大会3位など公立校が各府県で躍進して注目を集めました。

その中で近畿地区推薦校は、兵庫県大会を準優勝で飾り、近畿大会では市和歌山に1-2と惜敗した東播磨(兵庫)が選ばれました。コロナ禍でオンライン面談などを実施して、高校野球の新たな指導スタイルとして注目されました。

東播磨高校は進学校で文武両道がモットーでソフトテニス、バドミントンが盛んです。放送部はNHK杯全国高校放送コンテストなどで活躍しており、甲子園高校野球での開会式のアナウンスも担当するほどです。

これは21世紀枠選考時には高校野球、甲子園への貢献度として大きなアドバンテージになりますね。

《近畿地区大会・戦績》

★甲子園出場: 当確 当落ライン校 21世紀枠推薦校

地区大会
戦績
21世紀枠
候補
優勝 準優勝 ベスト4 ベスト8 出場 県大会ベスト8
滋賀   滋賀学園1
近江2
綾羽3
比叡山3
栗東5
近江兄弟社5
草津5
彦根翔西館5
京都 京都国際3 龍谷大平安1 乙訓2 東山4
福知山成美5
立命館宇治5
京都外大西5
綾部5
大阪   大阪桐蔭1     東海大大阪仰星2
山田3
履正社4
興国5
大産大付5
八尾5
大商大5
兵庫   神戸国際大付1 東播磨2(地区代表推薦)
長田3
村野工4
育英5
神戸弘陵5
明石商5
高砂南5
奈良 智辯学園2   天理1 畝傍3
奈良大付4
御所実5
桜井5
関西中央5
高田5
和歌山   市和歌山1 智弁和歌山3
和歌山東2 向陽4
箕島5
和歌山南陵5
耐久5
笠田5

スポンサーリンク

 

中国・四国:5校(中国2、四国2、残り1)

地域代表枠

《中国大会出場校》

【鳥取】①米子東 ②鳥取城北 ③鳥取西
【島根】①石見智翠館 ②浜田 ③立正大淞南 ④矢上
【岡山】①創志学園 ②関西 ③岡山学芸館
【広島】①広島新庄 ②盈進 ③西条農業
【山口】①山口県桜ヶ丘 ②下関国際 ③宇部鴻城

中国2枠は、中国地区大会の決勝進出を決めた広島新庄(広島1)下関国際(山口1)の2校が来春の選抜出場をほぼ確実としました。

広島新庄は堅実な戦いぶりが光り初めての秋季中国地区覇者となりました。1回戦こそコールド勝ちしましたが、2回戦以降、決勝までの3試合は全てロースコアでの1点差勝利の粘り強さをみせつけました。4番で先発の右腕.花田侑樹投手が投打に活躍して、左腕.秋山恭平投手への継投で接戦を制しています。

準優勝の下関国際は、メンバ18人中14人が1年生というチームで、好機に集中打を固め4試合で27得点を叩き出す打撃力をみせつけました。

ベスト4は米子東(鳥取1)、鳥取城北(鳥取2)の鳥取県勢があと一歩にところで涙をのみました。

 

《四国大会出場校》

【徳島】①鳴門 ②鳴門渦潮 ③徳島北
【香川】①藤井学園寒川 ②英明 ③高松商業
【愛媛】①聖カタリナ学園 ②松山城南 ③小松
【高知】①明徳義塾 ②高知 ③高知中央

四国2枠も同じく四国地区大会決勝を戦った明徳義塾(高知1)聖カタリナ学園(愛媛1)がセンバツ出場にほぼ当確です。

投手力の高い明徳義塾が2年連続で四国大会を制しました。エース左腕.代木大和投手は全3試合を完投し、3失点と抜群の安定感で、直球、変化球ととも低めへの制球力が抜群でした。打線も下位まで切れ目がなく、走塁も鍛えられた機動力も高くさすがに総合力があります。

準優勝の聖カタリナ学園は、エース右腕.桜井頼之介投手が140キロ超のストレートとキレのあるスライダーが光りました。

ベスト4は小松(愛媛3)と鳴門(徳島1)であと一歩でした。

中国、四国大会のベスト4校は、残り1枠に賭けることとなりました

 

■中国・四国地区の残り1枠はどこに

さて、中国・四国地区の残り枠1校がどこになるかが焦点です。

中国大会、四国大会のベスト4から最後の1枠が選考されるはずです。各チームの地区大会戦績を整理しました。

【中国・米子東(鳥取1位)】
●0-12 下関国際(山口1、準優勝)  中国大会準決勝
○10-8 盈進(広島2)     〃  2回戦
○3-2 立正大淞南(島根3)   〃  1回戦

【中国・鳥取城北(鳥取2位)】
●3-4 広島新庄(広島1、優勝)  中国大会準決勝
○7-4 宇部鴻城(山口3)   〃  2回戦
○7-4 浜田(島根2)     〃  1回戦

【四国・鳴門(徳島1位)】
●2-9 明徳義塾(高知1、優勝)  四国大会準決勝
○8-4 高知中央(高知3)      〃  2回戦

【四国・小松(愛媛3位)】
●2-3 聖カタリナ学園(愛媛1、準優勝)  四国大会準決勝
○3-2 藤井学園寒川(香川1)    〃  2回戦
○6-2 鳴門渦潮(徳島3)      〃  1回戦

中国大会の準決勝の戦いぶりを見ると、同じ鳥取県勢2校が候補です。県優勝校の米子東(鳥取1)は準優勝.下関国際(山口1)にコールド負け、一方の準優勝校の鳥取城北(鳥取2)は中国地区大会優勝の広島新庄(広島1)を相手に2-3の接戦負けです。

四国大会の準決勝は、鳴門(徳島1)は地区大会優勝.明徳義塾(高知1)を相手に2-9の大敗、一方の小松(愛媛3)は準優勝.聖カタリナ学園(愛媛1)に2-3の接戦で負けています。

地区大会の戦績である接戦で惜敗していることでは、鳥取城北と小松が有利ですが、地区大会の敗戦相手が優勝校、準優勝校、さらには県大会が2位、3位の成績であり、鳥取城北が若干有利とみます。

最後に県大会の戦績をみると、優勝校である米子東と鳴門にアドバンテージがありますが、いずれも地区大会準決勝でコールド負け、大敗を喫しており厳しい条件が付きます。

上記の結果からこの予想では鳥取城北(鳥取2)を推します。鳥取勢は地区大会でも2校がベスト4進出であり、地域性の観点からも良い選択といえます。

21世紀枠

中国地区からは県ベスト4、地区大会出場の成績を残し、過疎化が進む地域で清掃や雪かきなどへの取り組みが評価された矢上(島根)が代表推薦されました。

四国地区からは強豪の宇和島東を破り県ベスト8進出、専用グラウンドはなく野球部員も18人の少人数ながらも野球用具を自作するなど工夫が評価され川之石(愛媛)が推薦されています。

いずれも県立の公立校、春夏通じて甲子園出場はありません。

《中国地区大会・戦績》

★甲子園出場: 当確 当落ライン校 21世紀枠推薦校

地区大会
戦績
21世紀枠
候補
優勝 準優勝 ベスト4 ベスト8 出場 県大会ベスト8/16
鳥取 米子東1
鳥取城北2
鳥取西3 境4
米子工5
倉吉東5
米子&日野&境港総合&倉吉西5
米子松蔭5
島根 石見智翠館1
浜田2
立正大淞南3
矢上4(地区代表推薦)
大社5
松江北5
江津5
飯南5
岡山   岡山学芸館3 創志学園1
関西2
倉敷工4
玉野商工5
玉島商5
倉敷商5
興譲館5
岡山工業(21推薦)
広島 広島新庄1 盈進2 西条農業3 広島商4
呉港5
広陵5
高陽東5
広5
船入(21推薦)
山口 下関国際2   桜ケ丘1
宇部鴻城3
萩商工4
宇部工5
柳井学園5
光5
南陽工5

■四国地区大会

地区大会
戦績
21世紀枠
候補
優勝 準優勝 ベスト4 ベスト8 出場 県大会ベスト8
徳島 鳴門1 鳴門渦潮2
徳島北3
名西4
生光学園5
小松島5
城北5
阿南光5
香川 藤井学園寒川1
英明2
高松商業3
大手前高松4
尽誠学園5
高松西5
香川高専高松5
高瀬5
愛媛 聖カタリナ学園1 小松3 松山城南2 丹原4
新田5
吉田5
松山商5
川之石5(地区代表推薦)
高知 明徳義塾1   高知中央3 高知2 土佐塾4
追手前5
中村5
高知工5
岡豊5

 

スポンサーリンク

九州:4校

《九州大会出場校》

【福岡】①福岡大大濠 ②九州国際大付
【佐賀】①東明館 ②唐津商業
【長崎】①大崎 ②長崎日大
【熊本】①東海大星翔 ②開新
【大分】①明豊 ②大分商業
【宮崎】①宮崎商業 ②延岡学園
【鹿児島】①神村学園 ②樟南
【沖縄】①沖縄尚学 ②具志川商業

九州大会は 大崎(長崎1)が初優勝して、嘉手納(沖縄)以来の11年ぶりに公立校が九州王者となりました。大崎は大会3試合完投、防御率1.86の右腕.坂本安司投手を中心に無失策と堅実な守備で勝ち上がった。またチーム打率も3割2分2厘の強力打線と19犠打飛を絡める機動力を含む高い得点力をみせてくれました。

準優勝は福岡大大濠(福岡1)は2試合に登板した左腕.毛利海大投手は1失点完投と完封、18イニング23三振を奪い投手力が際立ちました。一方、チーム打率1割8分4厘と打撃に課題を残す結果となった。センバツまでには時間があるので課題克服にに取り組んでいることとでしょう。

ベスト4進出の明豊(大分1)も同じく打線が振るわなかったが、本格派の左腕.太田虎次朗投手、右腕.京本眞投手の二枚看板の好投、無失策の守備力でした。宮崎商(宮崎1)は右腕.日高投手が防御率1.29と安定した投球術を見せ、打撃でも3番.中村君がが1試合2本塁打の長打力をみせました。

九州は4枠のため、以上のベスト4進出校が甲子園への切符を勝ち取った。地域性も偏りがなく、異論がない。

ベスト8には東明館1(佐賀1)、延岡学園(大分2)、神村学園(鹿児島1)、具志川商業(沖縄2)が進出し、甲子園まであと一歩の結果でした。

21世紀枠

九州地区大会出場校で1勝した沖縄の公立校、具志川商業(沖縄2)が代表推薦に選ばれました。部員33人の全員が地元出身で、OBが監督、コーチとして指導に携わるチーム力が高い。県大会は準決勝で興南に競り勝ち決勝進出、惜しくも準優勝となったが、九州大会でも初戦で東海大熊本星翔を破りベスト8入りを果たしている。春夏通じて甲子園出場はありません。

《九州地区大会・戦績》

★甲子園出場: 当確 当落ライン校 21世紀枠推薦校

地区大会
戦績
21世紀枠
候補
優勝 準優勝 ベスト4 ベスト8 出場 県大会ベスト8
福岡 福岡大大濠1 九国大付2 西日本短大付3
北筑4
福工大城東5
自由ヶ丘5
沖学園5
祐誠5
佐賀     東明館1 唐津商2 佐賀北3
佐賀商4
唐津工5
北陵5
鹿島5
敬徳5
長崎 大崎1   長崎日大2 海星3
長崎西4
大村工5
瓊浦5
長崎商5
創成館5
熊本   東海大星翔1
開新2
熊本工3
八代4
有明5
翔陽5
八代工5
九州学院5
大分   明豊1
大分商2 津久見3
藤蔭4
杵築5
大分舞鶴5
中津東5
臼杵5
宮崎 宮崎商業1 延岡学園2 日南学園3
宮崎日大4
宮崎学園5
都城5
妻5
都城工5
鹿児島 神村学園1 樟南2 鹿児島城西3
鹿屋中央3
吹上5
伊集院5
れいめい5
川内5
沖縄
(65)
具志川商業2(地区代表推薦) 沖縄尚学1 興南3
与勝4
沖縄水産5
石川5
ウェルネス5
宮古5

 

【北海道・東北・関東・東京】編、【東海・北信越】編はこちらから↓

■2021選抜・センバツ出場校予想【北海道・東北・関東・東京】編

■2021選抜・センバツ出場校予想【東海・北信越】編

 

スポンサーリンク

2021年センバツの気になる雑誌紹介

2020秋の県大会から地区大会の成績、さらには選抜甲子園出場校まで大予想されています。注目選手の情報も満載。
選抜大会特集号も発売されます。片手にとってみてください。

◇報知高校野球 2021年 1月号 報知新聞社

◇ホームラン2021年 1月号 廣済堂出版

-2021春センバツ甲子園・第93回大会, コラム
-,

Copyright© ヤマらぼ , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.