2022 春 - 選抜・県・関東 – 観戦記

2022夏の選手権 神奈川大会準々決勝 慶應義塾 vs 東海大相模 -2022.07.23-

投稿日:

横浜スタジアム

夏の全国高校野球選手権大会、神奈川大会もついにベスト8が決定して、昨日7/22からベスト4進出に向けた準々決勝が行われています。昨日の試合結果、横浜、立花学園が藤沢翔陵、藤沢清流を破りベスト4進出を決めました。

本日は準々決勝2日目、以下の2試合です。

・第1試合 慶應義塾 vs 東海大相模
・第2試合 横浜創学館 vs 三浦学苑

何といっても1試合目の慶應義塾と東海大相模の試合は好試合を期待。

準々決勝からは前売り券での座席指定販売、当日券販売がなく天候も気がかりでしたが、夏らしい朝から気温が30℃超えの晴れ、野球観戦日和です。暑くてたまりません。

夏の選手権 神奈川県大会準々決勝 慶應義塾 東海大相模

スポンサーリンク

 

慶應義塾 0-7 東海大相模 東海大相模が投打に圧倒 14安打完封 ベスト4進出

◆令和4年度全国高校野球選手権大会 神奈川大会 準々決勝

2022年7月23日(土)

TEAM 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
東海大相模 0 4 1 0 0 0 0 0 4 9 14 1
慶應義塾 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 2

(試合時間2:15 開始10:02、終了15:17 横浜スタジアム第1試合)

【東】庄司、南-谷口
【慶】広池、沖村、松井-吉開

▽本塁打 山内(東)
▽二塁打 武井、山内(東)

◇戦評

東海大相模が慶應義塾を投打に圧倒して、ベスト4進出を決めた。

東海大相模の先発.背番号10、庄司投手が8回までを被4安打、7奪三振にぴしゃりと抑え、隙を与えませんでした。9回.左腕南投手も2奪三振で、慶應義塾打線を完封しました。庄司投手はベースを大きく使い、140キロ台のストレート、速いカーブ・シュートと素晴らしい投手でした。

庄司投手は背番号10番、南投手が11番なので、東海大相模の投手陣の厚みにびっくりです。

夏の選手権 神奈川県大会準々決勝 慶應義塾 東海大相模

東海大相模打線が1番から9番まで切れ目がなく、どこから長打が出るか分からないほどの打撃力を見せつけました。4番.エースナンバーを付ける求君が4打数3安打のマルチ安打、そして7番の山内君が3回の中翼越え、フェンス直撃?の二塁打、最終回ではこれでもかというダメ押しの2ランを右翼スタンドに打ち込みました。

さらに守備力の高さには一枚上でした。内野のボール回しを見ると、上手すぎます。

慶應義塾は1回、東海大相模の2アウトから3番.百瀬君の四球、4番.求君が左翼前安打、そして5番.深谷君の中翼前安打で一気にホームを狙うも中翼手.横地君の好返球でホームタッチアウト、3アウトとしてしのぎ、ゲームスタート。

しかし、慶應義塾は2回表の守備で2失策が連続させてしまい、東海大相模に1アウト1・3塁とされて、9番.庄司君の中翼前安打で先制、1番武井君の二塁打で追加点、2番.及川君のスクイズ、3番.百瀬君の中翼前安打でさらに追加して計4得点を献上してしまい、先発.広池君が降板して2番手.沖村投手につなぐ、難しいゲーム展開となりました。

慶應義塾は打撃も7回に満塁として何とか得点して追い上げを図ったが、無得点。後半打順3巡目くらいからいい当たりを見せ始めたが、東海大相模の投手、堅い守備陣の前に得点できませんでした。

本日でベスト4が決定して、7/25準決勝は第1試合:横浜ー立花学園、第2試合は東海大相模ー横浜創学館、いよいよ頂点が見え始めましたね。甲子園を目指して好ゲーム必至です。準決勝・決勝は平日の開催ですが、是非横浜スタジアムで応援したいですね。

夏の選手権 神奈川県大会準々決勝 慶應義塾 東海大相模

 スポンサーリンク

◇テーブルスコア

score_202207231

※スコアの付け方は自己流の部分があります。間違いもあると思いますが、ご了解下さい。

◇メンバー

《打撃》

【慶應義塾】
[7] L 村岡 7 4 0 1 0 0 0 0 1 0
[8] L 横地 8 4 0 0 0 0 0 0 1 0
[9] L 吉田 9 4 0 1 0 0 0 0 1 0
[3] L 谷口 3 4 0 0 0 0 0 0 0 0
[4] R 宮原 4 4 0 1 0 0 0 0 1 0
[5] L 吉野 5 4 0 1 0 0 0 0 2 2
[6] L 八木 6 3 0 1 0 0 0 1 2 0
[2] R 吉開 2 1 0 0 0 0 0 2 0 0
[1]   広池 1 - - - - - - - - -
1 R 沖村 10 1 0 0 0 0 1 0 0 0
PH R 渡辺 12 1 0 0 0 0 0 0 0 0
1   松井 19 - - - - - - - - -
【東海大相模】
[7] L 武井 7 5 1 1 0 0 0 0 1 0
[4] L 及川 4 4 1 1 1 0 1 0 0 1
[3] L 百瀬 3 2 0 1 1 0 0 1 0 0
PH 3 L 安達 15 2 0 0 0 0 0 0 1 0
[9] R 求 1 4 1 3 0 1 0 1 1 0
[6] R 深谷 6 5 0 2 0 0 0 0 0 0
[5] L 笹田 5 5 2 1 2 0 0 0 0 0
[8] L 山内 9 4 2 2 2 0 1 0 0 0
[2] R 谷口 2 3 1 1 0 0 1 1 0 0
[1] R 庄司 10 4 1 2 1 0 1 0 0 0
PH L 伊藤 18 1 0 0 0 0 0 0 0 0
1   南 11 - - - - - - - - -

《投手》

【慶應義塾】
R 広池  1 1-2/3 12 50 5 1 1 4 2
R 沖村  10 5-1/3 21 77 4 1 2 1 1
R 松井  19 2 12 47 5 1 0 4 4
【東海大相模】
R 庄司  10 8 30 99 4 3 7 0 0
L 南   11 1 4 20 1 0 2 0 0

※最高学年以外の選手には丸数字で学年を表記

※最高学年以外の選手には丸数字で学年を表記

スポンサーリンク

-2022 春 - 選抜・県・関東 –, 観戦記
-, , , , ,

Copyright© ヤマらぼ , 2022 AllRights Reserved Powered by micata2.