コラム 2018春センバツ甲子園・第90回記念大会

2018選抜高校野球 センバツ大会の日程・選考枠

投稿日:2017年10月29日 更新日:

センバツ 選抜甲子園 タイブレーク制度

現在各地区で秋季高校野球大会で熱戦が行われています。来春の「第90回選抜高校野球大会」への選考会といってもいいでしょう。

2018年の選抜大会は、第90回の記念大会ということで、出場校が36校と例年よりも4校増加します。また今大会から延長戦にタイブレークが導入されることでもニュースされました。(こちらのコラムもご覧下さい

以下の大会概要を紹介します。

第90回選抜高校野球大会

■出場校数:36校

・各地区   :32校
・21世紀枠 : 3校
・明治神宮枠 : 1校

■日程

・選考委員会   :2018年1月26日(金)
・組み合わせ抽選会:3月16日(金)
・開会式     :3月23日(金)
・大会期間    :12日間(準々決勝と準決勝の間の休養日を含む)

スポンサーリンク

 

■選考枠と出場校数

従来の選考では、「秋季地区大会の成績」と「地域性」のバランスを重視した選考もありましたが、最近の選考は「地域性」よりも「成績」を重視する傾向です。

同一都道府県から2校の出場(さすがに3校はない)も珍しくなく、昨年2017年のセンバツ大会では決勝が大阪対決(大阪桐蔭-履正社)となりました。これは史上初。

センバツ 甲子園

■各地区からの選出

◇北海道  : 1 校
◇東北   : 3 校(+1)
◇関東・東京: 6 校    ※関東4校、東京1校を選出後、残り1校を選出。
◇東海   : 3 校(+1)
◇北信越  : 3 校(+1)
◇近畿   : 6 校
◇中国・四国: 6 校(+1) ※中国、四国各3校ずつ選出。
◇九州・沖縄: 4 校

■21世紀枠

◇東日本  :1校
◇西日本  :1校
◇地域問わず:1校 合計3校

<選考方法>
1次:各都道府県で1校ずつ、2次:各地区1校の9校まで絞られ、最終選考で3校が選考されます。

<選考基準>
・「野球を行うことが困難ながらも克服した高校」
・「文武両道で模範的な取り組みをする高校」

加えて、「秋季地区・都道府県大会の成績」は重要な選考基準になります。秋季地区大会出場校、もしくは都道府県大会でもベスト8以上が必要ですね。

一般枠の各地区出場予想校、21世紀枠選出を予想、以下のページで紹介します。
クリックしてください。

【北海道・東北・関東・東京・東海・北信越】編

【近畿・中国・四国・九州】編

【21世紀枠を探る】編

 

■明治神宮大会枠

各地区の秋季地区大会の優勝校10校が結集して行われる明治神宮大会。ここで優勝校が「明治神宮大会枠」に入り、その所属する地区に「プラス+1校分」の選考枠を付与され、繰り上がり校が出てきます。

◇2017年第48回大会明治神宮大会
・組み合わせ :10月21日(土)
・開会式   :11月9日(木)
日程    :11月10日(金)~15日(水)※雨天順延

スポンサーリンク

-コラム, 2018春センバツ甲子園・第90回記念大会
-,

Copyright© ヤマらぼ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.