2018春センバツ甲子園第90回記念大会 コラム

2018選抜高校野球 センバツ出場校予想【近畿・中国・四国・九州】編

投稿日:2017年10月29日 更新日:

センバツ 甲子園

2018年、来春の「第90回選抜高校野球大会」の選抜出場校を各地区大会の結果を見ながら【近畿・中国・四国・九州】までを予想します。

まだまだ地区大会開催中のため、順次更新していきます。

【北海道・東北・関東・東京・東海・北信越】の予想はこちら。

スポンサーリンク

近畿:6校

近畿大会はベスト4で当確、ベスト8で当落ライン上となります。
既に1回戦で履正社(大阪)が智辯和歌山(和歌山)に敗れました。

11月3日準々決勝が行われ、ついにベスト4が決定。ベスト4に進出した智辯和歌山(和歌山)乙訓(京都)近江(滋賀)大阪桐蔭(大阪)はほぼセンバツ出場当確。準々決勝で大阪、滋賀は同じ府県対決。奈良は智弁学園、法隆寺国際の2校勝ち残っていましたが、両校ともベスト8止まりでした。

智辯学園(奈良1位)に勝利してベスト4に進出した「乙訓」。何と読むんだろうと思い、調べてみました。
「乙訓(おとくに)」は京都.長岡京市にある1964年創設の公立校。野球部も同じく開校当時から創部、今回、秋季京都大会で初優勝し、近畿大会も初出場とのこと。当然、甲子園も初出場となる。
ちなみに、前防衛大臣の稲田朋美(いなだともみ)衆議院議員、ジャーナリスト・参議院議員の有田芳夫(ありやよしふ)さんらが出身著名人らしい。

11月4日(土)準決勝がが行われ、智辯和歌山が乙訓に逆転サヨナラ勝ち、大阪桐蔭は根尾昂投手が7安打、16奪三振完封勝利を挙げて、決勝戦は「智辯和歌山vs大阪桐蔭」の強豪校同士の対決になりました。

5日(日)決勝戦の結果、大阪桐蔭が根尾昂君の本塁打で決勝点、1-0で智辯和歌山を破り、2年ぶり3度目の優勝。根尾君が連日の大活躍、すごい!またまた「二刀流」選手ですね。

さて、ベスト8の法隆寺国際(奈良3位)智辯学園(奈良1位)彦根東(滋賀3位)近大附(大阪3位)の4校で、近畿残り2枠の争いです。

奈良県勢2校が残っており、順当に考えると奈良県優勝校の智辯学園(奈良1位)が有力。他の3校は県大会3位の成績。残る1枠はその3校で今大会の戦いぶりを踏まえると、彦根東(滋賀3位)が有力と考えます。1回戦兵庫県優勝校の明石商を4-3で勝利、準々決勝で滋賀優勝校の近江に4-3の惜敗の戦いぶり。近江が準決勝で大阪桐蔭に5-0で敗れたものの、相手が大阪桐蔭では致し方ない。対抗する近大附(大阪3位)は大阪桐蔭に10-1で敗れているからだ。

法隆寺国際(奈良3位)も県立の公立校、名前はいいですね。日本の歴史・文化とグローバル化が混在している、21世紀枠とかどうなんでしょうか。

《近畿大会出場校》

【滋賀】近江、比叡山、彦根東
【京都】乙訓、京都翔英
【大阪】大阪桐蔭、履正社、近大付
【兵庫】明石商、西脇工、神港学園
【奈良】智辯学園、高田商、法隆寺国際
【和歌山】智辯和歌山、日高中津

★甲子園出場: 当確 当落ライン校
都道府県21世紀枠推薦校

地区大会 21世紀枠
優勝 準優勝 ベスト4 ベスト8 出場 県大会ベスト8
滋賀
(51)
近江1 彦根東3 比叡山2 近江兄弟社4
伊香5
八日市5
膳所5
日野5
京都
(77)
乙訓1
(兼21推薦)
京都翔英2 立命館宇治3
西城陽4
龍谷大平安5
京都国際5
京都外大西5
鳥羽5
大阪
(176)
大阪桐蔭1     近大附3 履正社2 興國4
池田5
箕面学園5
大阪商大堺5
大塚5
関西創価9
金光大阪9
大阪産大附9
四條畷9
岸和田9
豊中9
関大一9
香里丘9
兵庫
(162)
明石商1
西脇工2
神港学園3
市立尼崎4
尼崎小田5
淡路三原5
関西学院5
育英5
奈良
(40)
智弁学園1
法隆寺国際3
(兼21推薦)
高田商2 天理4
奈良高専5
畝傍5
奈良大附5
奈良5
和歌山
(39)
智弁和歌山1   日高中津2 箕島3
和歌山東4
高野山5
星林5
和歌山南稜5
近大新宮5

中国・四国:6校 (中国3、四国3)

中国、四国大会とも開催中。

いずれも選考枠は3校なので、決勝に進む優勝、準優勝校が当確、ベスト4の残り2校で当落ライン上となります。11月4日準決勝、5日決勝予定。

◇中国大会

2017夏の甲子園を沸かせた広陵(広島)も県大会で敗退して出場していません。中国地区は混戦が県大会2位3位チームが多く勝ち残り、混戦模様が予想されます。

11月4日(土)広島・しまなみ球場で準決勝があり、下関国際(山口)おかやま山陽(岡山)が決勝進出。いずれも今年夏の甲子園出場に続き、来春の選抜出場を確実とした。

11月5日(日)の決勝戦は、おかやま山陽(岡山)が最終回に11-6から追いつき、延長10回にサヨナラ勝ち。大逆転勝利の初優勝した。岡山3位からの優勝、クライマックスシリーズから日本シリーズへのDeNAと同じく、まさに下克上ですね。

おめでとうございます。明治神宮大会でも頑張ってください。

ベスト4の瀬戸内(広島3位)尾道(広島4位)の同県2校が残り1枠を争うこととなる。その戦いぶりは、同県の盈進(1位)、広島国際学院(2位)を入れると地区大会、県大会をみると面白く、以下のとおり混戦。
・中国地区大会 準々決勝 尾道 6 - 3 盈進、瀬戸内10 - 1 鳥取商(鳥取3位)
1回戦 瀬戸内23 - 3 米子松蔭(鳥取1位)、尾道 5 - 4 鳥取城北(鳥取2位)
・広島県大会 準決勝 盈進 5 - 3 尾道
3位決定戦 瀬戸内 4 - 1 尾道

これをどう見るかですが。。 順当に行けば順位順とすれば3位の瀬戸内。地区大会で鳥取勢2校に大勝。一方、尾道は同県1位の盈進を準々決勝で退けて、県大会の屈辱を果たした。やっぱり瀬戸内(広島)とみます。

◇四国大会

11月4日(土)準決勝が県立春野球場で行われ、明徳義塾(高知)英明(香川)が決勝に駒を進めました。140km超級の明徳.市川悠太投手(2年)と松山聖陵.土居豪人投手(2年)の対決は明徳の軍配が上がった。英明は6回コールド勝ちの完勝。ともに甲子園への切符をほぼ手中にしました。

準決勝で敗れた松山聖陵(愛媛1位)高松商(香川3位)が残り1枠を争う形になります。高松商は残念ながら準決勝の同県対決.英明戦の大敗もあり、愛媛県大会優勝校のでもある松山聖陵(愛媛)で決まりとみます。

11月5日(日)の決勝戦は、明徳義塾(高知)が英明(香川)を2-1で下し、2年連続9度目の優勝。明徳義塾、不動の強さですね。

★★「明治神宮枠」来る★★

11月14日(火)、第四十八回明治神宮野球大会(高校の部)決勝が行われ、四国地区代表の「明徳義塾(高知)」が九州地区代表「創成館(長崎)」を4-0で下し、36年ぶり2回目の優勝を果たしました。

この優勝により、来週のセンバツ大会出場枠である「明治神宮枠」は『四国地区』に決定!
四国からセンバツ出場4校に。

では繰り上がるチームはどこかというと、すんなり四国大会ベスト4の優勝校.明徳義塾(高知)と準優勝校.英明(香川)、そして松山聖陵(愛媛1位)高松商(香川3位)に決定ですね。

 ★★★★★★★★★★★★★

 

《中国大会出場校》

【鳥取】米子松蔭、鳥取城北、鳥取商
【島根】開星、石見智翠館、益田東
【岡山】岡山学芸館、倉敷商、おかやま山陽
【広島】盈進、広島国際学院、瀬戸内、尾道
【山口】下関国際、高川学園、下関西

★甲子園出場: 当確 当落ライン校
都道府県21世紀枠推薦校

地区大会 21世紀枠
優勝 準優勝 ベスト4 ベスト8 出場 県大会ベスト8
鳥取
(25)
鳥取商3 米子松蔭1
鳥取城北2
境4
米子工5
鳥取中央育英5
鳥取商5
倉吉東5
米子北5
島根
(39)
開星1 石見智翠館2
益田東3
大田4
益田翔陽5
出雲工5
大東5
大社5
岡山
(59)
おかやま山陽3     岡山学芸館1
倉敷商2
創志学園4
興譲館5
岡山城東5
玉島商5
倉敷工5
広島
(90)
瀬戸内3
尾道4
盈進1 広島国際学院2 福山工5
広島工大5
尾道商5
高陽東5
山口
(60)
下関国際1   高川学園2 下関西3 早鞆4
岩国商5
宇部鴻城5
桜ケ丘5
柳井学園5

 

《四国大会出場校》

【徳島】鳴門、生光学園、鳴門渦潮
【香川】英明、大手前高松、高松商
【愛媛】松山聖陵、西条、小松
【高知】明徳義塾、高知、追手前

★甲子園出場: 当確 当落ライン校
都道府県21世紀枠推薦校

地区大会 21世紀枠
優勝 準優勝 ベスト4 ベスト8 出場 県大会ベスト8
徳島
(31)
鳴門1
生光学園2
鳴門渦潮3 富岡西4
池田5
脇町5
城東5
城南5
香川
(38)
英明1 高松商3 大手前高松2 尽誠学園4
丸亀5
高松5
丸亀城西5
四学大香川西5
愛媛
(60)
松山聖陵1 西条2
小松3
済美4
宇和島東5
八幡浜5
新居浜南5
今治西5
高知
(28)
明徳義塾1     高知2 高知追手前3 高知商4
中村5
梼原5
宿毛5
伊野商5

スポンサーリンク

九州:4校

九州大会は10月30日決勝戦が行われ、創成館(長崎)が7―4で富島(宮崎)を下して初優勝。選考4枠のため、ベスト4進出校でほぼ決まります。

優勝校の創成館(長崎)、準優勝の富島(宮崎)の2校、残念ながら準決勝で敗れましたがベスト4の東筑(福岡)延岡学園(宮崎)の2校もほぼ当確。
宮崎から2校が候補となりますが、実力重視の傾向から地域バランスも良く、地区大会の戦いぶりも問題なし。

 

東筑、富島ともに公立校で、県大会でも福岡なら九州国際大付や福大大堀、宮崎も日南学園などの私学校を抑えて、この九州地区を勝ち抜いているってすごいです。

鹿児島甲子園常連校の神村学園や鹿児島実業が九州大会でベスト8止まり、熊本の秀岳館、熊本工とかも県大会で敗れているんですね。

 

《九州大会出場校》

【福岡】東筑、筑陽学園
【佐賀】佐賀学園、伊万里
【長崎】創成館、長崎商
【熊本】文徳、九州学院
【大分】明豊、鶴崎工
【宮崎】延岡学園、富島、宮崎日大、都城東
【鹿児島】神村学園、鹿児島実業
【沖縄】沖縄尚学、興南

★甲子園出場: 当確 当落ライン校
都道府県21世紀枠推薦校

地区大会 21世紀枠
優勝 準優勝 ベスト4 ベスト8 出場 県大会ベスト8
福岡
(134)
  東筑1 筑陽学園2 東福岡3
小倉3
東筑紫学園5
九州国際大5
福岡工大城東5
春日5
福岡9
久留米9
小倉工9
久留米商9
北九州市立9
福岡第一9
若松9
真颯館9
佐賀
(41)
    佐賀学園1
伊万里2
多久3
鳥栖3
鳥栖商5
唐津商5
佐賀北5
鳥栖工5
長崎
(57)
創成館1     長崎商2 長崎南山3
海星3
小浜5
波佐見5
長崎工5
長崎総科大附5
熊本
(63)
    文徳1
九州学院2
八代東3
秀岳館3
千原台5
東海大星翔5
熊本商5
有明5
大分
(45)
    明豊1 鶴崎工2 日本文理大附3
三重総合4
藤蔭5
大分舞鶴5
楊志館5
佐伯鶴城5
宮崎
(49)
富島2 延岡学園1 宮崎日大3
都城東4
宮崎南5
日向5
宮崎西5
福島5
鹿児島
(73)
神村学園1 鹿児島実業2 鹿屋中央3
鹿児島情報4
樟南5
鶴丸5
薩南工5
鹿児島商5
沖縄
(63)
沖縄尚学1  興南2 石川3
沖縄水産4
具志川商5
糸満5
中部商5
沖縄工5

続く【北海道・東北・関東・東京・東海・北信越】編、【21世紀枠を探る】編はこちらから↓

■2018選抜・センバツ出場校予想【北海道・東北・関東・東京・東海・北信越】

■2018選抜・センバツ出場校予想【21世紀枠を探る】編

スポンサーリンク

-2018春センバツ甲子園第90回記念大会, コラム
-,

Copyright© ヤマらぼ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.