2020春センバツ甲子園・第92回大会 春・秋の関東・明治神宮大会を紹介 コラム

2020高校野球 秋季地区大会 春センバツ甲子園への道! -11/10更新-

投稿日:

102020来春のセンバツ甲子園出場を目指して、その予選ともいえる「秋季高校野球地区大会」が始まっています。各地区大会の模様を更新していきます。

■2020センバツ甲子園 一般出場枠

センバツの一般出場枠は、以下のとおりです。

◇北海道  : 1 校
◇東北   : 2 校
◇関東・東京: 6 校 ※関東4校、東京1校を選出後、残り1校を選出。
◇東海   : 2 校
◇北信越  : 2 校
◇近畿   : 6 校
◇中国・四国: 5 校 ※中国、四国各2校ずつ選出後、残り1校を選出。
◇九州・沖縄: 4 校

この枠数と下表に示す2019秋季地区大会の結果から2020センバツ出場校を予想してみましょう。
各地区とも出場枠数によってベスト4進出、決勝進出で甲子園への切符が見えてきます。

ここでは「ほぼ当確」といえる高校を太枠にしてみました。

 

スポンサーリンク

 

2020センバツは、同一県複数校の出場』が多い!

地区大会の経過を見ていると決勝戦が同一県勢同士であったり、準決勝に進出した4強に同一県の出場校が揃っていたりしています。

センバツ選考では都道府県、地域のバランスは選考基準にあるものの、優秀な成績に基づくのは当然ながら最優先に考慮されるべきであり、2020年春の甲子園、センバツには同一県からの複数校出場がいっぱい出そうな見込みだ。

センバツへ複数校出場しそうな都道府県を以下に記していきます。良かったですね。
・関東:群馬2
・近畿:大阪2、奈良2
・北信越:石川2
・九州:大分2

2020センバツは、『地区大会開催地からの出場』が多い!

もう一つ。地区大会は各県で持ち回りですが、開催地はやはり有利に働くのでしょうね。組み合わせ上、県優勝校は1回戦が不戦勝だったり、やはり開催球場に近い、応援が多い、サポートが受けやすい、選手の頑張り度が高いとか、でしょうか。

・東北:岩手 → ×
・関東:群馬 → 健大高崎、桐生第一
・東海:岐阜 → 県岐阜商
・北信越:石川 → 星稜、日本航空石川
・近畿:奈良 → 天理、智弁学園
・中国:鳥取 → 鳥取城北
・四国:徳島 → ×
・九州:佐賀 → ×

 

各地区大会の行方(更新中)

では、地域大会の成績は以下のとおり。逐次更新していきます。

■近畿地区

大会準決勝は大阪、奈良の2府県対決

大阪桐蔭(大阪1位) vs 智弁学園(奈良1位)
履正社(大阪2位) vs 天理(奈良3位)

大阪2校は昨年大会でも決勝で顔を合わせたと思います。奈良が久しぶりに熱いですね。

天理は1回戦、兵庫1位の報徳学園を7-1で破り、2回戦は奈良対決となり同県2位の奈良大附属を14-0の大差をつけ勝ち登り、一気に上り詰める勢いです。智辯学園は2回戦に智辯対決、和歌山1位の智辯和歌山に17-13と打撃戦を制しました。(10/30)

▼準決勝(11/2)
大阪桐蔭(大阪1位) 6-5 智弁学園(奈良1位)
履正社(大阪2位) 4-5 天理(奈良3位)

大阪府vs奈良県となった大阪準決勝。大阪桐蔭が智辯学園に9回サヨナラで競り勝つと天理が履正社に9回逆転サヨナラで奈良県の意地を見せました。いずれもサヨナラ試合になるなんて、すごい、素晴らしい試合でした。
奈良県開催地でもあり、県3位からの下克上を天理には見せてほしいです。

▼決勝(11/4)
大阪桐蔭(大阪1位) 4-12 天理(奈良3位)

天理(奈良3位)が本塁打3本と大阪桐蔭(大阪1位)に打ち勝ち、地区大会優勝を飾りました。

■関東地区

今大会開催地となった群馬県勢2校がほぼ当確。健大高崎(群馬3位)が大本命の東海大相模(神奈川1位)を準決勝で破り見事に初優勝を飾りました。また群馬1位の桐生第一が1回戦不戦勝の開催地優勝校の優位性を活かして4強入りした。山梨学院(山梨1位)も例年通り強さを見せて、関東4強を確保しています。

▼準決勝(10/26)
東海大相模(神奈川1位) 2-8 健大高崎(群馬3位)
山梨学院(山梨1位) 6-5 桐生第一(群馬1位)

▼決勝(10/27)
健大高崎(群馬3位) 3-0 山梨学院(山梨1位)

■九州地区

九州大会決勝は大分県2校の対決となった。4強進出校がセンバツほぼ当確。

決勝は県大会決勝通り、明豊(大分1位)が大分商(大分2位)を退けました。明豊は沖縄1位の沖縄尚学、長崎2位の創成館を破る実力を見せつけました。一方、大分商も負けておらず、長崎1位の大崎、福岡1位の福岡第一を1-2回戦で破っての準優勝を勝ち取りました。

▼準決勝(10/23)
創成館(長崎2位) 2-3 明豊(大分1位)
鹿児島城西(鹿児島2位) 3-6 大分商(大分2位)

▼決勝(10/25)
明豊(大分1位) 13-5 大分商(大分2位)

■北信越地区

北信越大会決勝は石川県2校の対決となりました。夏の全国選手権準優勝の星稜(石川1位)が県大会に続いて日本航空石川(石川2位)を退けて優勝。石川県勢2校がほぼ当確

日本航空石川は準々決勝、準決勝で敦賀気比(福井1位)、北越(新潟1位)を破っての決勝進出でした。

▼決勝(10/21)
星稜(石川1位) 19-1 日本航空石川(石川2位)

■中国・四国地区

四国は4強の中に高知県勢が3校、高知1位の高知中央、2位の岡豊、3位の明徳義塾が入り、四国代表2校は高知独占の可能性があります。

また、中国も岡山勢が独占する可能性も残っています。創志学園と倉敷商の2校が決勝進出した場合です。

▼四国.準決勝(11/2)
尽誠学園(香川1位) 13-2 岡豊(高知2位)
明徳義塾(高知3位) 16-1 高知中央(高知1位)

高知県勢3校から決勝に進出したのは、高知3位でしたが全国区の明徳義塾でした。県大会と明治神宮大会、甲子園がかかる地区大会、試合では戦いぶりが違いすぎるか。尽誠学園との戦いが見ものです。尽誠学園、明徳義塾がセンバツ当確です。

決勝(11/3)
尽誠学園(香川1位) 1-8 明徳義塾(高知3位)

▼中国.準決勝(11/2)
創志学園(岡山1位) 6-13 鳥取城北(鳥取1位)
倉敷商(岡山2位) 7-4 広島新庄(広島1位)

開催地.鳥取の意地を見せた鳥取城北、岡山県勢は県大会1位、メディアにも注目されている創志学園を負かして決勝進出、選抜当確です。

決勝(11/3)
鳥取城北(鳥取1位) 7-9 倉敷商(岡山2位)

■東海地区

東海地区は4強に静岡が2校残った。ヤマちゃん生まれ故郷であり、古豪.静岡商(静岡3位)が破れたのは残念だが、残る2校には頑張って欲しい。しかし、対戦相手が手強い。

静岡1位の藤枝明誠は、公式戦14試合負けなしの中京大中京との戦い。静岡2位の加藤学園は、開催地でもあり、名将.鍛治舎巧監督率いる古豪の県岐阜商だ。なかなか厳しい試合になりそうです。(10/30)

準決勝(11/2)
県岐阜商(岐阜1位) 4-3 加藤学園(静岡2位)
中京大中京(愛知1位) 12-5 藤枝明誠(静岡1位)

静岡勢が2校全滅する残念な結果となり、センバツ当確とはなりませんでした。東海を代表する強豪校、中京大中京と県岐阜商が決勝対決となり、センバツ当確、さすがと言わざるを得ません。

▼決勝(11/3)
県岐阜商(岐阜1位) 6-9 中京大中京(愛知1位)

スポンサーリンク

秋季高校野球地区大会

地区
(開催地)
都道府県数 優勝校 準優勝校 ベスト4
北海道 1道
20校
白樺学園(十勝)
○ 12-8 札幌日大(札幌)
○ 13-3 札幌龍谷(室蘭)
○ 4-0 東海大札幌(札幌)
○ 13-8 旭川実業(旭川)
札幌日大(札幌)
● 8-12 白樺学園(十勝)
○ 11-2 帯広農業(十勝)
○ 9-4 札幌大谷(札幌)
○ 4-0 函館工業(函館)
札幌龍谷(室蘭)
● 3-13 白樺学園(十勝)

○ 4-2 札幌国際情報(札幌)
○ 8-0 函館大柏稜(函館)
帯広農業(十勝)
● 2-11 札幌日大(札幌)
○ 5-0 北海道栄(室蘭)
○ 7-3 札幌山の手(札幌)
○ 8-7 武修館(釧根)
東北
(岩手)
6県
18校
仙台育英(宮城1)
○ 11-8 鶴岡東(山形1)
○ 9-2 盛岡大付(岩手1)
○ 6-1 一関学院(岩手3)
○ 9-2 明桜(秋田2)
盛岡大付(岩手1)
● 2-9 仙台育英(宮城1)
○ 3-0 東奥義塾(青森3)
○ 3-0 弘前東(青森2)
仙台城南(宮城3)
● 0-10 鶴岡東(山形1)
○ 6-3 磐城(福島3)
○ 3-2 花巻東(岩手2)
関東
(群馬)
7県
15校
健大高崎(群馬3)
○ 3-0 山梨学院(山梨1)
○ 8-2 東海大相模(神奈川1)
○ 3-2 西武台(埼玉2)
○ 5-4 常総学院(茨城1)
山梨学院(山梨1)
● 0-3 健大高崎(群馬3)
○ 6-5 桐生第一(群馬1)
○ 7-6 藤代(茨城2)
東海大相模(神奈川1)
● 2-8 健大高崎(群馬3)
○ 12-6 習志野(千葉1)
○ 14-2 駿台甲府(山梨3)
桐生第一(群馬1)
● 5-6 山梨学院(山梨1)
○ 10-4 9-1 桐光学園(神奈川2)
東京 1都
64校
国士館
○ 6-0 帝京
○ 5-0 城東
○ 8-4 修徳
○ 7-6 明大中野八王子
○ 11-9 冨士森
○ 6-0 世田谷学園
帝京
● 0-6 国士館
○ 3-2 創価
○ 2-1 日大三
○ 9-7 関東一
○ 7-0 早大学院
○ 15-3 法政
城東
● 0-5 国士館
○ 7-4 共栄学園
○ 5-1 錦城学園
○ 3-2 明学東村山
○ 1-0 日体大荏原
創価
● 2-3 帝京
○ 6-2 桜美林
○ 10-0 東亜学園
○ 6-2 大森学園
○ 15-0 目白研心
北信越
(石川)
5県
16校
星稜(石川1)
○ 19-1 日本航空石川(石川2)
○ 10-3 佐久長聖(長野2)
○ 10-2 敦賀(福井2)
○ 5-3 高岡第一(新潟3)
日本航空石川(石川2)
● 1-19 星稜(石川1)
○ 9-1 北越(新潟1)
○ 7-3 敦賀気比(福井1)
○ 11-9 高岡商業(富山2)
佐久長聖(長野2)
● 3-10 星稜(石川1)
○ 1-0 金沢商業(石川3)
○ 6-0 新潟産大附属(新潟2)
北越(新潟1)
● 1-9 日本航空石川(石川2)
○ 3-2 上田西(長野1)
○ 3-2 北陸(福井3 )
東海
(岐阜)
4県
12校
中京大中京(愛知1)
○ 9-6 県岐阜商(岐阜1)
○ 12-5 藤枝明誠(静岡1)
○ 7-0 津商(三重2)
県岐阜商(岐阜1)
● 6-9 中京大中京(愛知1)
○ 4-3 加藤学園(静岡2)
○ 5-3 愛工大名電(愛知2)
藤枝明誠(静岡1)
● 5-12 中京大中京(愛知1)
○ 6-4 豊川(愛知3)
加藤学園(静岡2)
● 3-4 県岐阜商(岐阜1)
○ 5-4 近大高専(三重1)
○ 9-1 大垣西(岐阜3)
近畿
(奈良)
2府
4県
16校
天理(奈良3)
○ 12-4 大阪桐蔭(大阪1)
○ 5-4 履正社(大阪2)
○ 14-0 奈良大附(奈良2)
○ 7-1 報徳学園(兵庫1)
大阪桐蔭(大阪1)
● 5-6 天理(奈良3)
○ 6-5 智辯学園(奈良1)
○ 4-3 明石商(兵庫2)
○ 19-1 立命館守(滋賀2)
履正社(大阪2)
● 4-5 天理(奈良3)
○ 10-3 京都翔英(京都1)
○ 13-4 綾羽(滋賀3)
智辯学園(奈良1)
● 5-6 大阪桐蔭(大阪1)
○ 17-13 智辯和歌山(和歌山1)
○ 4-2 神戸国際大附(兵庫3)
中国
(鳥取)
5県
16校
倉敷商(岡山2)
○ 9-7 鳥取城北(鳥取1)
○ 7-4 広島新庄(広島1)
○ 10-9 矢上(島根1)
○ 2-0 境(鳥取2)
鳥取城北(鳥取1)
● 7-9 倉敷商(岡山2)
○ 13-6 創志学園(岡山1)
○ 9-2 平田(島根2)
○ 3-2 南陽工業(山口3)
広島新庄(広島1)
● 4-7 倉敷商(岡山2)
○ 5-4 高川学園(山口2)
○ 3-1 八頭(鳥取3)
創志学園(岡山1)
● 6-13 鳥取城北(鳥取1)
○ 5-1 出雲西(島根3)
○ 9-0 倉吉東(鳥取4)
四国
(徳島)
4県
12校
明徳義塾(高知3)
○ 8-1 尽誠学園(香川1)
○ 16-1 高知中央(高知1)

○ 8-1 徳島北(徳島1)
○ 8-1 小松(愛媛2)
尽誠学園(香川1)
● 1-8 明徳義塾(高知3)
○ 13-2 岡豊(高知2)
○ 7-3 新田(愛媛3)
高知中央(高知1)
● 1-16 明徳義塾(高知3)

○ 13-3 城東(徳島3)
岡豊(高知2)
● 2-13 尽誠学園(香川1)

○ 5-4 済美(愛媛1)
○ 5-1 英明(香川3)
九州
(佐賀)
8県
16校
明豊(大分1)
○ 13-5 大分商(大分2)
○ 3-2 創成館(長崎2)
○ 7-6 沖縄尚学(沖縄1)
○ 20-14 唐津商(佐賀2)
大分商(大分2)
● 5-13 明豊(大分1)
○ 6-3 鹿児島城西(鹿児島2)
○ 5-2  福岡第一(福岡1)
○ 4-3 大崎(長崎1)
創成館(長崎2)
● 2-3 明豊(大分1)
○ 4-3 宮崎日大(宮崎2)
○ 4-2 熊本国府(熊本1)
鹿児島城西(鹿児島2)
● 3-6 大分商(大分2)
○ 8-0 城北(熊本2)
○ 7-0 佐賀学園付(佐賀1)

スポンサーリンク

-2020春センバツ甲子園・第92回大会, 春・秋の関東・明治神宮大会を紹介, コラム
-, , ,

Copyright© ヤマらぼ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.